キャッシングに申し込んだ時の、限度額ってどう決まる?

MENU

キャッシングに申し込んだ時の、限度額はどうやって決まるの?

 

消費者金融や銀行系カードローンの公式サイトを確認してみますと、「最大借入限度額100万円」「融資可能額最大500万円」などといったことが表記されています。

 

その名の通り、各カードローンで定めている一人に対して融資が可能な最大金額のことを指しており、これ以上のお金を借りることは基本的には出来ません。

 

ただしこの最大限度額というのは、あくまでも各カードローンで「最大」に貸すことの出来る金額のことであり、申し込みをすれば誰でも最大限度額に設定してもらえるワケではありません。

 

逆に言えば、最大融資限度額まで借りれることは非常に稀であり、よほど社会的な信用が無ければほぼ不可能と言っても過言ではありません。

 

そこで気になるのが、カードローンでキャッシングをする際、初回限度額はいくら程度になるのか?っということです。

 

カードローンへ申し込みをすると必ず審査を行うのですが、この審査によって個々の上限金額が決定することになります。

 

初回ですと借入実績が無いことから、どうしても少額の限度額に設定され、正社員で20万円〜30万円、アルバイトやパートですと10万円程度となるかと思います。

 

申込書には借入希望額を記入する欄が用意されていますが、そこに50万円と記入したとしても、審査により低い限度額となってしまうことがありますが、希望額に達しなくてもお金を借りられなくなるワケではありませんのでご安心ください。

 

このように初回限度額は低く設定されてしまうことをご理解いただけたかと思いますが、もっとお金を借りたい場合には実績を積んでいくことで初回の契約途中でも限度額の増額をすることが出来るケースもあります。

 

増額してもらうためには改めての審査が必要であり、この審査で「増額してもきちんと返済してもらえるだろう」と認められることで、契約内容の変更が可能になります。

 

増額が可能になる目安として、殆どの大手カードローンは最低でも6ヶ月程度の利用実績が必要となり、新規申し込みからすぐに増額申請したとしても審査通過は出来ません。

 

そして長く利用していたとしても、返済日を遅延したことがあったり、全くお金を借りること無く放置している状態では増額が難しくなります。

 

返済遅延はたった一日、一度の遅延でも大きなマイナスポイントとなりますのでご注意ください。

 

また初回申し込み時よりも他社借入額が増えていたり、年収が下がってしまうのも審査で不利になり、それまできちんと返済と借入をしていたとしても断られてしまうことがあります。

 

そもそも初回審査よりも増額審査の方が圧倒的に基準が厳しくなっていますので、予め頭に入れておきましょう。

 

以上のようにカードローンの初回限度額は少なめで、また信頼を得ることで増額が可能になるということをご理解いただけたかと思います。

 

お金の貸し借りで最も大切なのは信頼です。

 

追加融資を考えていなかったとしても、将来のことを考えて毎月決められた期日までにきちんと返済をするようにしてください。