銀行系カードローンの審査は厳しく遅いと聞きますが。

MENU

銀行系カードローンの審査は厳しく遅いイメージですが実際は?

 

消費者金融よりも銀行系カードローンでお金を借りたいと思う方は多いです。
その理由は簡単で金利が安いからです。
もちろん高額な借入が出来る、安心して借りれるといった理由で利用する方もいますが、ほとんどの方は低金利に魅力を感じて融資を希望しています。

 

銀行系カードローンで借りたいと思っても審査に通らなければ借りることは出来ません。
これはどのカードローンでも同じことがいえますが、銀行は他の金融機関に比べ審査が厳し目と言われています。
正社員でないと申込不可とするところもあり融資条件を見る限りは厳しそうにも見えます。
しかしその一方で働いていない主婦いわゆる専業主婦でも銀行なら借りることが出来ます。
無収入でも借りれるとなると審査は甘いと思ってしまう方もいるでしょう。
今回は銀行系カードローンの審査について解説していきたいと思います。

 

 

銀行のカードローンは審査基準が厳しい

 

結論から言いますと銀行のローン審査は厳しいです。
専業主婦でも借りれるからゆるいなんて言う方もいますがそんな事はありません。
専業主婦でも借りれると言っても、配偶者の収入等を審査にかけて融資判断を下しているだけであり、専業主婦名義で借りているわけではないのです。

 

銀行は他の金融機関に比べ金利が安いです。
カードローンやキャッシング、ローン全般に言えることですが金利が安くなるほど審査は厳しくなります。
では何故金利が安くなると審査は厳しくなるのでしょうか?

 

 

金利が下がると審査が厳しくなる理由

 

銀行が貸し付けているお金は、その銀行で発行したものではありません。
どの銀行も日本銀行から年率0.01%〜0.1%前後で資金を調達し、それを利息を就けて我々消費者に貸し付けています。
仕入れ時の利息と貸付時の利息の差が銀行の収益となっているわけです。

 

では消費者金融はどこからお金を借りているのか?
それは銀行です。
日銀から資金調達した銀行から消費者金融はお金を借りているわけです。
ですから当然、銀行よりも金利は高く設定しなければ儲けることが出来ません。
銀行とほぼ同等の金利も可能なのかもしれませんが、それですと儲けが少なくなってしまうため高く設定せざるを得ないのです。

 

お金を貸すにはどうしてもリスクが付きます。
念入りに審査をして貸しつけた相手でも100%貸したお金が返ってくると保証できません。
しかもカードローンは担保も保証人も要りませんので、万が一返済不能になっても別の回収方法が取れません。
どの金融機関もそうですが、債務不履行のリスクを背負いながら貸付業務を行なっています。

 

少しでもリスクを減らすには所得が高い人にのみ貸し付けるようにすれば良いのです。
所得が高ければその分債務不履行の可能性は低くなりますからリスク回避になります。
しかしそうなれば当然審査は厳しくなりますし、何よりも売上が減ってしまいます。
逆に他社借入がある人にでも貸し付けするようにすれば売上は高くなりますが、その分債務不履行のリスクは高くなります。

 

審査を厳しくすれば債務不履行する人の割合は少なくなります。
ですから低金利でも十分な利益を確保することが出来るのです。
だからこ低金利で融資する銀行は審査が厳しいのです。

 

 

保証会社と銀行の2社による審査のため厳しくなる

 

銀行系カードローンの審査が厳しい理由はもう1つあります。
それが保証会社の存在です。
消費者金融の場合、審査は申込みする消費者金融1者のみで審査を行ないます。
しかし銀行の場合は保証会社と銀行の2社で審査を行うのです。
保証会社は万が一返済不能になった場合に代わりに銀行に支払いする役目を担っています。
利用者が返済できなければ被害を被るのは保証会社なわけですから、そうならないためにも審査はより慎重に行ないます。

 

保証会社は信販会社もしくは消費者金融のどちらかであることが殆どです。
ただし、審査が2回行なわれると言っても殆どは保証会社の審査で融資はほぼ決まるような仕組みとなっています。
審査が2回あるから厳しいというよりかは、上記で説明した債務不履行のリスクを避ける理由のほうが大きいです。