教育ローンの審査基準は厳しいのか調べてみた。

MENU

教育ローンの審査基準はどんな感じなの?厳しいの?

 

世の中お金では無い!なんてキレイ事ばかりではありません。

 

何をするにしてもお金が必要であり、仕事をして収入を得ていないければ子供に十分な教育を受けさせることも出来ないのが現実です。

 

公立の小学校中学校のみで教育は終了!っというご家庭でしたらそこまでお金のことで悩んでしまうことはありませんが、高校や大学に入学したり、ましてや私立ですと多額のお金が必要になります。

 

この学費を工面するため、子供が幼い時から学資保険に加入していればある程度学費を捻出することが出来るのですが、誰もが学資保険に加入しているワケではありません。

 

また学資保険だけでは足りないこともあるかと思います。

 

そんな時には教育ローンに申込みし入学費や授業料などの学費を分割で借りるという方法もあります。

 

現在では信販会社やクレジット会社、また行政が教育ローンを取り扱っていますが、審査が甘いところはあるのでしょうか?

 

まず行政の教育ローンは非常に厳しい審査を行っているため、簡単に利用することは出来ません。

 

信販会社やクレジット会社などの民間が取り扱う教育ローンは、行政よりも多少通りやすいですが、だからと言って決して甘いワケではありません。

 

 

教育ローンは一般的に甘い審査ではない!?

 

このことからどのような教育ローンでも、緩い審査でローンを組むことは出来ないのです。

 

さらに教育ローンへ申込みをするためには多数の書類を提示しなければいけませんし、手続きも面倒くさいものです。

 

それでしたら消費者金融や銀行系カードローンといったキャッシングサービスを利用し、そのお金を学費に回した方が便利です。

 

カードローンでお金を借りるのも決して甘い審査ではありませんが、必要書類は原則として本人確認書類のみでOKですし、手続き方法もとっても簡単です。

 

しかも借りたお金は使い道自由ですので、学費だけではなく、その後の生活費や交遊費などにも使うことが出来ます。

 

また審査は当日中に行われ、融資も即日となることから、急に教材などが必要になった時でも十分に対応可能です。