キャッシングの増額をする時、審査や手続きはある?

MENU

キャッシングの増額をする時、審査はある?また手続きは簡単?

 

カードローンやキャッシングの限度額は審査によって決定されます。
初回の限度額は少額であることが殆どで、中には金額の低さに物足りなさを感じる方もいるでしょう。
しかし限度額は一度決まったら一生そのままという訳ではありません。
増額手続を行なうことで今の限度額を増やすことが可能です。

 

「じゃあ増額しよう」と思って増額に申込んでも、簡単に増額してれくれるわけではありません。
というのも、増額するために新規契約同様に審査があり、その審査に通過しなければいけないのです。
「審査は一度通過しているから余裕でしょ!」なんて思っている方は、この考えを改めたほうが良いでしょう。
何故なら増額審査のほうが新規申し込み時の審査よりも厳しいからです。
増額はしたいと思って直ぐに且つ簡単に出来るものではありません。
それなりに条件というものが有り、それを満たしている事が前提となります。

 

では増額もしくは増枠するにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは増額審査に通過するためのポイントを解説していきます。
今お使いのカードローンやキャッシングの融資枠を増やしたいとお考えの方、是非とも参考にしてみてください。

 

 

そもそも増額はいつから出来るの?契約時の限度額に不満がある場合は増やしてもらえるの?
こんな疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか?
確かに増額するなら早いほうが良いですよね。

 

では一般的な増額のペースはと言いますと、おおよそ半年が目安となります。
増額するにも多少時間を要します。
但し上記の期間はあくまでも目安であり、むしろ最近は9ヶ月、1年と判定期間を長く設定しているところが多いです。

 

限度額を増やすということは、それに見合った返済能力があり確実に返済してくれる、この様に業者から信用を得ている状態と言えます。
信用は1,2日でどうにかなるものではありません。
業者から信用を得るにはそれなりに時間が必要となります。

 

増額で次に気になるのは増額の金額ではないでしょうか?
どうせなら一気に100万円まで増やしてもらいたいなんて思う方は意外と多いのかもしれません。
しかし限度額が一気に跳ね上がることはありません。

 

基本は10万円ずつ上限金額が増えていきます。
業者もいきなり融資枠を広げるのはリスクを抱えますので不安なもの。
30万円、50万円と一気に上ることはありませんので高望みはしないことです。
また融資限度額が50万円を超えると収入証明書が必要になります
50万円を超えると審査は寄り慎重になり、トントン拍子に増額とは行かなくなります。

 

増額をする上で注意しておきたいのが総量規制です。
銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、消費者金融は対象となります。
総量規制により個人の借り入れは年収の3分の1でまでとなっています。
例えば年収150万円の方であれば50万円が頭打ちとなります。
それ以上の増額を希望しても法律によって制限されてしまいますので、この事は覚えておきましょう。

 

増額の審査に通過するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

限度額を増額してもらうことはその業者から信用されているという1つの証明になります。
では、この信用を得るためにはどうすればよいのか?
それはキャッシング実績を積むことにあります。

 

キャッシング実績とは過去の借入と返済履歴の事です。
今までどんな借り方をしてきてきたか、返済は期日を守って出来ているか等が考慮されます。
期日を守る=約束を守ることですから、これを一度でも破ってしまえば信用を失います。
返済の延滞が一度でもある方は残念ながら増額は難しいでしょう。
1度くらい・・・と思うかもしれませんが総額はそれぐらいシビアなものです。
約束を守るというのは社会人として最低限のマナーということを心に焼き付けておきましょう。

 

毎回期日を守って返済する、実はこれだけでは増額審査を通過するのは難しいです。
貸金業者はお金を借りてくれる人を求めているわけですから、定期的に借入れをすること必要です。
もちろん無理に借りる必要はありません。
それによって返済が遅れては元も子もありませんので、必要な範囲内で定期的に借りることを意識してください。

 

既に他社借入がある場合は、そちらの返済も必ず守るようにしましょう。
審査では信用情報をかならず確認します。
これにより他社からの借入状況や返済状況は業社に丸分かりとなります。
そこで返済延滞している事が分かれば増額はアウトですから充分に気を付けましょう。

 

他社借入がある場合、増額は厳しくなるということを覚えておいてください。
これは当然のことで、他から借りているにも関わらず増額をしたいとなれば誰だってその返済能力に疑問を感じます。
本来は他社借入は無いほうが理想なのです。

 

以上、増額をするためのポイント解説でした。
契約から半年以上の利用し続けること、期日を守って返済し定期的に借入れを行うこと。
特にこの2つが重要となりますので、最低限この2つだけは意識するようにしましょう。

 

 

増額するポイントを解説しておいて何ですが、場合によっては増額でなく他社から新規でお金を借りる方が良い場合もあります。
既にお話したように増額するには時間がかかる上に一定の実績が必要となり非常に厳しいものです。
増額する目的が、一時的にお金が必要というだけであれば、他社に新規で申し込みをしたほうが借りれる可能性は高いです。
新規の審査は増額ほど厳しいものではありません。
一度検討してみるのも良いかと思います。