自営の個人事業主はカードローンで融資を受けること可能か調べてみた。

MENU

自営の個人事業主はカードローンで融資を受けること可能?

 

消費者金融や銀行系カードローンでは、定期的な収入があって満20歳以上であれば審査をした上でお金を借りることが出来ます。

 

キャッシングと聞きますと、企業や会社に勤めているサラリーマンやOLしか融資対象にしていないというイメージをお持ちかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

アルバイトやパートなどの非正規社員でも借入することが出来ますし、自営業者や個人事業主でも問題ありません。

 

そこでここでは個人事業主や自営業者がカードローンを使って借入する際の注意事項をご説明させていただきます。

 

 

個人事業主でも安定収入があればキャッシングはできる!

 

基本的には正社員やアルバイトと同様に、安定収入があることが絶対条件となり、殆ど収入が無かったり、たまにしか仕事をしていないような状態ですと融資は断られてしまいます。

 

皆様の中には「収入は殆ど無いけど申込書にはたくさんの収入があると書いてしまえばいいだろう」と考えている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

 

会社や企業に雇用されている方が融資の申込みをすると、必ず在籍確認電話と呼ばれる審査が行われ、本当に収入を得ているのかを確認するのですが、個人事業主や自営業者の場合は在籍確認電話をしても自宅であるケースが多いです。

 

そのため、本当に収入があるのかを確認するために、必ず確定申告書の写しなどの所得証明書の提示を求められます。

 

正社員やアルバイトなどでしたら本人確認書類のみで原則申込みが可能なのですが、個人事業主や自営業者は所得証明書は必須なのでご注意ください。

 

またカードローンで借り入れしたお金は、原則として使い道自由なのですが、事業運転資金としての利用は出来ません。

 

一部プロミスなどの消費者金融では事業運転資金としての利用を認めていますが、殆どの消費者金融や銀行系カードローンは禁止されていますのでご注意ください。

 

ただ申し込み時に「生活費」「交遊費」などと申込みをし、審査に通過したらそれを事業運転資金に回すという方法もあります。