キャバクラ嬢でもキャッシングでお金を借りれるの?

MENU

キャバクラ嬢でもキャッシングでお金を借りることはできるの?

 

毎日のように自宅と会社の往復で、ゆっくり体を休める暇も無いサラリーマンにとって、キャバクラはまさにオアシス的な存在と言っても過言ではありません。

 

キャバクラで働く水商売の女の子達は、そんな疲れた世の男性達をお酒とコミュニケーションで癒やしてあげ、明日への活力を与えてくれます。

 

いつも笑顔で明るいキャバクラ嬢ですが、みんながみんな心から明るく振舞っているワケではなく、中にはキャバクラ勤めをしていてもお金が不足し、大きな悩みを抱えている女の子も大勢います。

 

キャバクラのような夜の仕事や風俗嬢などは、世間的に見ると大金を稼いでいるようなイメージがありますが、中には知人や友人からの借金の返済で首が回らなかったり、女子力磨きのために高額な費用を費やしお金に困っている女の子も大勢います。

 

そんなキャバクラ嬢の多くはアルバイトとして仕事をしているのですが、果たして消費者金融や銀行系カードローンへ申し込みをすることで、審査に通過しキャッシングをすることが出来るのでしょうか?

 

カードローンは正社員しかお金を借りることが出来ないと思っている方も多いようですが、それは大きな間違いであり、アルバイトでも問題無いのです。

 

アルバイトの職種も関係ありませんので、キャバクラ嬢でも定期的な収入があれば審査の上、融資をしてもらうことが出来ます。

 

ただし過去に他社でキャッシングをしたことがあり、返済日を超過するようなことを何度も繰り返していると借り入れを断られてしまうこともありますのでご注意ください。

 

またキャバクラ嬢の中には、未成年者も多くいらっしゃいますが、カードローンのキャッシングは満20歳以上という年齢制限がありますので注意が必要です。

 

「今夜お店で誕生日イベントがあり、そのための新しいドレスを購入したいのにお金が無い」「今日はバレンタインで常連さんにプレゼントをあげたいけど、お金が無い」などといった急いでお金が必要な時でも、大手カードローンでしたら即日融資に対応しているので問題ありません。

 

ただ一つ、在籍確認電話が行われることを忘れてはいけません。

 

勤務しているお店にカードローンの審査担当者から電話がかかり、そこで仕事をしているのかを確認するための審査であり、これをパスしなければ他の審査にパスしてもお金を借りることは出来ないのです。

 

この在籍確認電話に抵抗があり、中には偽装会社やアリバイ会社などを利用する人も多くいるようですが、それは犯罪行為ですので絶対に止めてください。

 

そもそも在籍確認電話は個人名で電話をするだけですので、お店の人にお金を借りることを知られることはありません。

 

どうしても本名のみで電話をされるのが嫌でしたら、予め担当者に相談をしておくことで源氏名を使っての在籍確認電話も可能になることがあります。

 

ただし全てのカードローンで源氏名をOKにしているワケではありませんので、申し込み時にでも相談してみると良いかもしれません。