20〜30万円のお金を即日で借りる方法について調べてみました。

MENU

カードローンで20〜30万円のお金を借りるには十分な信用が必要!

 

カードローンへ申込みをして20〜30万円というお金をすぐに借り入れしたい場合、少し注意したいことや条件がありますので覚えておくと良いでしょう。

 

基本的に20〜30万円程度でしたら初回の融資でも十分に可能な範囲ではありますが、アルバイトやパートといった非正規雇用では断られてしまうことがあります。

 

 

 

アルバイトやパートというのは、仕事を休んだ時の給与保証が無いため、どうしても社会的な信頼性は正社員よりも低く、融資限度額も低くなってしまいます。

 

それでも年収額や過去のキャッシング実績で特に問題無ければ、非正規雇用でも初回で20〜30万円の限度額に設定してもらえることもあります。

 

 

 

また消費者金融や銀行系カードローンというのは、いつでもすぐにお金を借りることが出来るワケではありませんので注意が必要です。

 

すぐにお金を借りるためには、各カードローンの営業時間内に申込みから審査、契約までの全ての手続きを完了させなければいけなく、営業時間を過ぎてしまうと翌営業日となってしまいます。

 

 

 

これはたとえ少額の融資でも同様のことですので、予め各カードローンの営業時間を確認しておくようにしましょう。

 

オススメは大手消費者金融で、全国に自動契約機を展開していることから、店舗よりも営業時間が長く、また土日祝日でもその日のうちにお金を借りることが出来ます。

 

 

 

自動契約機の近くには専用のATMが設置されていますので、その場で発行してもらったキャッシングカードを使ってすぐに借り入れ出来ます。

 

ただし信用情報に傷が付いていると、20〜30万円どころか、10万円でも借りられないことがありますのでご注意ください。

 

 

 

例えば過去に利用していた借り入れで返済遅延を何度も繰り返していたり、また債務整理をして数年しか経過していない場合には事故情報として個人信用情報機関に記録されており、金額に関係なく融資をしてもらうことは出来ません。

 

もしご自分の信用情報が気になる場合には、個人信用情報機関に開示請求することで知ることが出来ます。

 

 

最後に、気になる最初に借りれる「キャッシングの限度額」についてですが、いきなり最高金額のお金を借りることはまず不可能です。

 

基本的には、そのカードローン会社で貸し借りを繰り返し、信頼ができてきてから初めて限度額が増額できるのです。

 

ですので、最初にお金を借りることができる金額としては10〜20万円程度が妥当といえるでしょう。

 

ちなみに、主婦やフリーターのような正社員ではない人の場合は借りれる限度額が多少少なくなります。

 

ですので、あまり高額なお金を借りることはできないと考えておいた方がよいでしょう。


↓ ↓ ↓ ↓